テレビ放送で大人気!もち麦って何? | 便秘には、一に養生・二に漢方!

テレビ放送で大人気!もち麦って何?


もち麦ってどんな食べ物?

もち麦はビールや麦茶の材料に使われている、大麦の一種です。

見た目は粒の中央に黒い線が入っていて、食感は、通常の麦よりも粘りがあり、

噛むとプチプチしているのが特徴です。お米の種類にもち米があるように、

大麦のもち米バージョンと言った感じです。

お米と一緒に炊くと、普通の麦ごはんよりもパサつきが無く、とても食べやすいですよ。

 

食物繊維がダントツに豊富なもち麦

もち麦は白米や玄米よりも、たくさんの食物繊維を含んでいる食品です。

玄米が100gあたり3.0gの食物繊維を含んでいるのに対して、

もち麦はなんと、100gあたり12.9gもの食物繊維を含んでいます。

また、もち麦に含まれている食物繊維は、βグルカン(ベータグルカン)と呼ばれる

特殊な食物繊維です。「βグルカン」はキノコ類にも多く含まれており、ガンに対する

予防効果があるといわれています。消化が遅く、胃で溶けることなく腸にまで届きます。

 

低カロリーで食べ応え抜群!

もち麦ご飯のカロリーは、お茶碗1杯ぶん(約150g)で198kcal。

白米よりも50kcalほど低い低カロリー食品です。

もち麦に含まれている食物繊維は、胃で消化されにくく、腸にまでしっかりと運ばれます。

これが、腹持良くし、独特の歯ざわりも、もち麦の食べ応えをアップさせているのです。

 

Wの食物繊維で便秘解消

もち麦には白米の約25倍もの食物繊維が含まれています。

白米よりも食物繊維の含有量が多いと言われている玄米ですら、

もち麦と比較すると1/4程度の食物繊維しか含んでいません。

それに加えて、もち麦は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を両方含んでいる食品です。

約4:3の割合で含まれており、非常にバランスの取れた食品なんです。

腸の中に溜まった老廃物を吸着し、体外に排出してくれるため、

便秘解消の効果も高いですよ。

 

これは人気が出るわけですね。一部のお店では売り切れになっているそうです。

もち麦はどのようにして食べたら良いのでしょう?

 

もち麦の調理方法

 

基本のもち麦ごはんの作り方

【材料】

•白米1合

•もち麦1合

 

【調理方法】

1.白米を洗って、炊飯器に入れます。もち麦は洗わないでください。

2.水を1合ぶんの目盛りに合わせて注ぎ、後からもち麦を加えます。

3.もち麦を加えた状態で水を2合ぶん加えます。

4.いつもどおりにタイマーをセットして、ご飯を炊いてください。

 

もち麦ごはんを炊く際のポイントは水の量です。

白米を炊く時は1合に対して、1合ぶんの水を加えますが、

もち麦の場合はもち麦1合に対して2合ぶんの水を加えます。

 

もち麦そのものにはクセもなく味もあまりないので、スープに入れたり、

もち麦だけを炊いてもち米の様に和菓子を作る事も出来るそうです。

 

便秘に悩まされていて、ダイエットがうまくいかない人は、

まず白米から食物繊維が豊富に含まれるもち麦を混ぜてもち麦ごはんに変えてみたら

効果が出そうですね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ