“中庸”の人とは | 便秘には、一に養生・二に漢方!

“中庸”の人とは


実証と虚証の中間にあるのが中庸で、漢方医学では中庸が最も理想的な健康体と言えます。

血圧、体温ともに高すぎず低すぎず、ホルモンバランス、代謝機能も正常で最も病気にかかりにくい状態です。

生活習慣も規則正しく、暴飲暴食をしたり、食べたり食べなかったりすることもなく規則正しく食事を摂ることができきちんと排泄もあります。

 

例えるなら、中庸は回っているコマのようなもので力の入り加減が適度で常にバランスが保たれているため、多少の衝撃を受けても安定して回転できます。

しかし、現代人は競争社会において実証に傾きがちです。現在中庸の人でも、自分の体調や健康状態に気を使わずに、そのまま忙しく社会生活を送っていると、徐々に実証に傾いてしまいます。

 

中庸の人は規則正しい生活を守り、適度な飲食、適度な運動を心がけて健康体をキープしましょう。

体調の変化にも気を付け、少し無理をしたなと思ったら回復できるように養生を心がけることが大切です。

 

 

【参考文献】

東洋医学のしくみと治療法がわかる本 丁宗鐵 著 ナツメ社

サブコンテンツ

このページの先頭へ