足湯で便秘改善! | 便秘には、一に養生・二に漢方!

足湯で便秘改善!


みなさん、足湯をやったことありますか?

足湯は冷え症が原因で起こる便秘の改善に大変役立ちます。

 

夏でも冷えには注意

日本の成人女性は、約半数が冷え性だと言われています。

特に夏場は、エアコンが良く効いた室内にいることが多く、

体は無意識のうちに冷えてしまいます。

また、湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまう方も多くいらっしゃいます。

シャワーでは体は芯からあたたまりません。

湯船につかる時間がなかなか取れない…

そんな人にこそ、お勧めしたいのが足湯なんです。

 

足湯の効果

足湯の効果として主に、下半身の血液循環改善 があります。

冷えによって心臓から最も遠い、足先の血液循環量が減ります。

それにより、腹部などの内臓の血液の流れにも影響が出て、機能低下を起こします。

腸も例外ではなく、動きが鈍くなり便秘しやすくなります。

足湯は、足先を暖める事により血管を拡張させ、足の血液の循環を良くし、

腹部内臓の血液循環を改善させます。

 

足湯のコツ

足湯のやり方のコツは、三陰交(婦人科系のツボ)までしっかりお湯に浸かることです。

このツボを温めることにより血行がさらによくなり、体が芯から温まります。
(※三陰交は「婦人の三里」ともいわれ、冷え性だけでなく、
すべての女性疾患の特効穴なのです。 いわゆる婦人病(月経不順、月経困難症、更年期障害など)は、脾経(ひけい)、腎経(じんけい)、肝経(かんけい)のいずれかの陰経の異常から起こることが多いのですが、三陰交は名前の由来通り、それら3つの陰経を一度に調整できるツボというわけです。)
このように、足湯はただ足先が温まって気持ち良いだけのものではないんですね。

 

足湯専用のバケツはインターネットで検索すると手軽に購入できます。

毎日自宅で簡単にできる、とってもオススメな健康法です。

 

是非、取り入れてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ