食物繊維の1つ 難消化性デキストリン | 便秘には、一に養生・二に漢方!

食物繊維の1つ 難消化性デキストリン


難消化性デキストリンって聞いたことはありますか?

ノンアルコールビールなど様々な食品に応用されています。

そもそもデキストリンとはデンプンの1種で、

難消化性デキストリンはトウモロコシを原料に調製されています。

近年、日本人の食生活が欧米化し、不足しがちな食物繊維を補う目的で人工的に作られました。

安全性については、アメリカのFDA(食品医薬品局)で問題がないことが認められています。

また、日本では厚生労働省の基準に基づき特定保健用食品として一定の機能表示がされています。

様々な実験により、主に以下の5つの働きが確かめられています。

 

<5つの働き>

①糖の吸収スピードを遅らせ、食後血糖の上昇を緩やかにする

②整腸作用

③脂肪の吸収スピードを遅らせ、食後の中性脂肪の上昇を緩やかにする

④ミネラルの吸収を促進させる

⑤内臓脂肪を減らす

 

日ごろから購入している食品の成分表示に注目してみて下さい。

皆さんが知らないうちに取り入れているかもしれませんよ!

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ