高齢者の便秘 | 便秘には、一に養生・二に漢方!

高齢者の便秘


 

今回は「高齢者の便秘」についてお話をしたいと思います。

若いうちに便秘に悩まされたことはなかったのに、

加齢に伴って便秘になったという人は大勢います。

実際、人間は年齢を重ねるたびに便秘になりやすく、

男女の違いを問わず、30代と60代では便秘のリスクが2倍に膨れ上がると言われています。

 

では、なぜ歳を取ると便秘になってしまうのでしょうか?

主な原因は以下の通りです。

 

肉体の衰え

筋力が低下し、腸自体の機能も衰えます。

便がなかなか運ばれず、長く腸内に留まることで水分が失われ、

便が固くなることで、便秘になってしまいます。

散歩や家事、日常的に行う全身運動を続けるだけで十分です。

無理をしない範囲で大丈夫ですから毎日欠かさず運動をしましょう。

 

食事量の減少

歳をとると摂取カロリーが少なくなり、消化機能が衰えます。

食べる量が減ると便の量も減ってしまいます。

排便の習慣が付かなくなってしまうのが問題です。

普段の食事に、食物繊維を積極的に取り入れて便のかさを増していきましょう。

 

水分量の減少

食事と同様水分を取らなくなるのも原因の一つです。

ただでさえ、少ない便から水分も失われ固くなってしまいます。

また、歳をとると喉の渇きを感じにくくなり、

水分補給が十分に出来ない場合があります。

特に、夏場は室内でも意識的に水分を取ってください。

 

乳酸菌の減少

意識しなければ加齢と共に乳酸菌の量は減ってしまいます。

乳酸菌は腸の動きを助け、便の水分調節をし、排便を楽にします。

ヨーグルトだけでなく、昔から日本人にとって身近な発酵食品からも

乳酸菌を取りいれることができます。

 

便秘になった時、すぐに薬に頼らなくても便秘は改善されます。

いつまでも元気でいられるように、食生活などを見直して

腸内環境を整えていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ