お酒は飲んでも便秘に影響はない? | 便秘には、一に養生・二に漢方!

お酒は飲んでも便秘に影響はない?


お酒は適量であれば「百薬の長」といわれますが、便秘との関係でいうとどうでしょうか。

お酒を飲んだ次の日にお腹がゆるくなってしまう、

下痢をしてしまった・・という経験はありませんか?

アルコールは腸を刺激するため、便意を促します。便の水分が外に吸収されてしまう前に

排出してくれるため、柔らかい便のままなので、排出されやすいのです。

これは胃腸が麻痺する事で、便通が緩んだ結果です

ですから、一時的な便秘解消になる場合はあります

 

しかし、これは胃腸に負担が掛かった結果ですね。

一時的に便秘が解消されても、実際は胃腸の働きが低下する事によって、

便秘を引き起こすことにもなるのです。

一定量を超えたアルコールは、分解するのに大量の水を必要とするため

腸内の水分を奪ってしまう作用と、尿の排出を促す利尿作用が働いて

脱水症状をも引き起こすため、腸内の便を固くし、便秘の要因になります。

脱水症状をもう少し詳しく説明すると、

アルコールは、飲み始めは利尿作用が働きますが、時間と共にアルコールが組織に入ると、

血管の外側に水分が引っ張られ、結果、むくみが起こり、血の巡りも悪くなります。

すると身体が水分補給しにくい状態となるのです。

水分補給がうまく出来なければ、もちろん便秘になりますし、

飲み過ぎで大腸に熱がこもることでも便秘になる原因なんですよ。

 

また、飲み過ぎは肝臓に悪いのはよく知られているところですね。

お酒を飲むと、肝臓が、有害物質であるアルコールを分解してくれるのですが、

このアルコールがたくさん入ってくれば、当然肝臓は酷使され、働きが弱まってしまいます。

もちろんこうした全身への影響も出てきますので、腸の働きも低下してしまうかもしれません。

 

お酒を飲む時に食べるつまみにも、便秘が関係しています。アルコールと一緒だと、

どうしても脂っこい物を一緒に食べてしまいがちですが、

この脂っこい物は悪玉菌も大好物ですから、腸内細菌のバランスが悪くなってしまいますね。

 

このように、お酒は飲み過ぎれば「百害あって一利なし」なのです

くれぐれも飲み過ぎないよう、適量を守ることで、ストレスの緩和や血行を良くするなどの

メリットの効果だけを活かしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ