スイカで夏バテ知らず!! | 便秘には、一に養生・二に漢方!

スイカで夏バテ知らず!!


ここ近年の夏は猛暑日や熱帯夜が増え、夏バテや熱中症などで体調を崩す人も増えているようです。

そんな暑い季節の体調管理に役立つのが、今が旬の「西瓜(スイカ)」。
実はスイカには、夏の身体に嬉しい栄養素がギュッと詰まっているんです。
スイカは、古くは漢方や民間療法でも、夏の暑さからくる熱を収め、利尿作用があるのでむくみや解毒に役立つ食べ物とされてきました。

熱中症の予防には水分補給が重要ですが、水を飲む代わりにスイカを食べれば、汗で失われた水分やミネラル分を効果的に採ることができます。
スイカには豊富な水分(約90%が水分)とともに、糖分やカリウム・カルシウムなどのミネラル分、ビタミンB1・B2・Cなどのビタミン類が含まれているので、スポーツドリンクと同じような効果が期待できるのです。

また、スイカの糖分は果糖とブドウ糖で、すぐに吸収されてエネルギーに変わるため、食欲がない時の栄養補給にも最適です。疲労回復に役立つミネラル分やビタミン類も豊富に含まれているので、暑さや夏バテで疲れた身体にはうってつけです。

紫外線のきつい夏の日差しを浴びると、カラダに活性酸素も発生しやすくなり、疲れやすくなるだけでなく、シミなどの原因にもなります。
抗酸化作用が高いと言われるリコピンは、トマトに含まれていることでよく知られています。スイカの赤い色もリコピンによるものです。また他に、シトルリンやビタミンCなどの抗酸化作用のある成分も、スイカには含まれています。

スイカに含まれているリコピンの量は、品種により差はありますが、一般的な生食用トマトよりは多く含まれているそうです。

やはり、旬のものを食べることは、身体をいたわることにもつながります。
夏にスイカを食べるのは、栄養学的にも理にかなっているんですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ