ガスがたまって苦しい・・・どうしたらいい? | 便秘には、一に養生・二に漢方!

ガスがたまって苦しい・・・どうしたらいい?


便秘が続くとまずお腹の中にガスがたまって苦しくなります。通常は1日に2~3リットルのガスが排泄されるのですが、便により蓋をされてしまい排泄できずにたまっていきます。

たまったガスにより腸が膨張し、周りの臓器を圧迫するため腹痛や膨満感などの症状が現れます。この辛さから逃れるために下剤に手を出してしまい、いつの間にか薬が手放せ無い状態になってしまいます。

このような状態になる前に、ガスを抜く対策をとって、さらに発生量を抑えましょう。

【ガスの発生を抑えるポイント】
①食事はゆっくり、暴飲暴食を避けましょう

早食いは食べ物と一緒に空気もたくさん飲み込んでしまうため、お腹のガスが増えます。また、ビールや炭酸飲料もガスを増やすので、なるべく控えましょう。

②肉を控えましょう

肉が中心の食生活をしていると、腸内環境が悪化して、ガスの発生が増加します。また、このとき発生するガスはとても臭いです。野菜や海藻類、果物などをしっかり食べましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ