夏の紫外線対策 | 便秘には、一に養生・二に漢方!

夏の紫外線対策


夏の紫外線対策として本日は栄養成分のお話です。

紫外線は体の免疫力(抵抗力)を低下させてしまいます。また、日焼けによってからだは疲労していますので、栄養と休息をしっかりとりましょう。特にβカロテン、ビタミンC、ビタミンEをとると良いでしょう。

——————————————————————————–

【βカロテン】

βカロテンは、シミ・シワの生成を抑える働きがあるといわれています。海・山など紫外線の強い場所に出かける2~3日前から、ニンジン、トマト、カボチャなどβカロテンを多く含む食品をとっておくと、皮膚が赤くヒリヒリするようになるまでの時間を長引かせることができます。
βカロテンは、熱を加えても変性しないので、煮る、茹でるなどの調理をしても大丈夫です。ジュースやスープなどの形でかさを減らすとたくさん摂取することができます。

 

【ビタミンC】

ビタミンCは、紫外線を浴びた皮膚がメラニンをつくるのを抑える働きがあります。アセロラ、レモンなどの柑橘類、ジャガイモ、レバーなどに多く含まれます。

 

【ビタミンE】

ビタミンEは抗酸化作用が強く、末梢血液循環を改善する効果や、肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。アボカド、ニラ、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれます。
また、ビタミンCと一緒に摂ることで作用が高まります。

——————————————————————————–

ぷるるんなら、紫外線予防だけでなくお肌に良いとされる成分が多く摂取できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の中からも紫外線予防をしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ