慢性の便秘と急性の便秘 | 便秘には、一に養生・二に漢方!

慢性の便秘と急性の便秘


突然ですが、あなたの便秘は慢性ですか?急性ですか?

便秘と言えば便が出なくてお腹が痛くトイレでいくら力んで出そうとしても便が出てくれない。そんな辛い便秘ですが実は便秘にも慢性と急性の便秘があって、それによって便秘で苦しい思いをする期間が違います。

【慢性便秘】
2日以上便が出ない日が頻繁に続いてしまう、一週間のうち便が出るのは半分もない。

【急性便秘】
普段は便秘にはならないのに旅行や生活習慣が変わった時に便秘になってしまう職場が変わってしまった時などにもなりやすく、これは精神的ストレスを感じてしまった時環境の変化があった時に便秘になる。

 

あなたはどちらのタイプですか?

生活習慣が原因でなってしまう事が多い便秘で3種類あります。

弛緩性便秘・・・・弛緩性便秘とは大腸の筋肉が弱くなってしまっていて便を排出する事が出来なくなってしまっている原因として食べ物や水分不足や運動不足が多く常にお腹が痛くて便が出たとしてもコロコロのうさぎのうんちみたいな感じで少ししか出ず、物凄く力んで踏ん張って出したのに出てきた便がこれだけ?っていう感じのタイプの便秘。

痙攣性便秘・・・痙攣性便秘は腸の働きがおかしくなってしまっていて過剰な動きをしてしまっていて足が痙攣している時みたいに常に動いてしまっています。原因となっているのは主にストレス。腸が激しく痙攣しているので食後にお腹が痛くなってしまうことが多く便秘だけじゃなく下痢にもなりやすい状態です。便秘かと思っていたら突然下痢になってしまったりします。

直腸性便秘・・・直腸性便秘は便秘が習慣みたいになってしまっている便秘です。原因として多いのがトイレに行くのを我慢してしまう便を出したい時に出さない事です。

この3種類があります。

まずは自分の便秘の状態や症状を知る事が大事になってきますよ。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ